個人発明の苦悩

個人発明家の苦悩について

発明家として多いのは一個人で発明されている個人発明家の方だと思います。
会社や組織などに属さず、資金の援助なども受けず発明資金は全て自費というパターンの場合が大半のようです。
そのためか趣味で行っている方も多く、周りからは評価はされていないが発明を続けている自称発明家の方も多くいらっしゃいます。
個人の発明家が収益を得るためには、発明したものの特許を取得し、その商品を生産し消費者へ販売するか他社に、使用してもらいライセンス料を貰う、この二つの方法があります。
自分で発明したものを特許庁に提出し特許をとるのがまず第一の関門ですが、これがなかなかの鬼門です。
試作品やら特許を申請するものに対してのしっかりとした確証・信頼・既存類似品の有無など、すべてをクリアしなければ取ることができません。
これだけ準備するのも申請するのにもお金はかかります。
例え特許がとれたとしても、その技術や生産物に興味を示してくれる会社や技術者を見つけなければならないのも大きな難関といえます。

個人発明家の収入とは

発明した商品の特許を取得できたとしても、個人発明家の多くはその商品を大量にまたは一定量生産する設備を持ち合わせていないのが一般的です。
そのため、商品を自ら会社や企業に売り込みをしなければなりません。
一般的にいう営業です。
もちろん、特許取得前後から会社や企業に注目され、相手側からアピールされることありますが、奇跡的な確立のケースであり通常は自分からの売り込みとなります。
売り込みに成功し商品を生産販売し、ライセンス料が発生した時、初めて利益となります。
発明の資金だけでなく、特許権取得にもお金はかかります。
試作品や商品の確証性・信頼性・独創性・類似既存品の有無など全てをクリアしはじめて特許が得られます。
発明家として収入が得られるまではかなりの時間とお金が必要になりますね。
さらに付け加えますと特許権は永久のものではなく、一定期間のものであり、その期間内でもその商品が古くなり使用されなくなればライセンス料は発生しませんから、一つの特許を取得できたからと安心はできませんし、一定の収入源とはなりません。